宮崎での太陽光発電の有用性

Author: admin  //  Category: 太陽光を始める前に

近年、温室効果ガスの排出による地球温暖化が問題となっていることから、日本国内でも温室効果ガスの排出量の削減が求められています。
そして、発電時に温室効果ガスを発生させない発電方法として注目されているのが太陽光発電です。
太陽光発電は、住宅の屋上や敷地に設置されたソーラーパネルに太陽の光を受けることで、太陽の熱エネルギーを電力に変える発電方法として有名です。
この方法の場合、発電時に二酸化炭素の排出がされないため、地球温暖化の防止に役立ちます。
そして、宮崎県は、日本の南方に属するのですが、日照時間の長さや、快晴の日が多いことで有名です。
そこで、宮崎県では、この良好な気象条件を活かすために、住宅や企業における太陽光発電システムの導入を進めています。
ただ、システム設置には多額の費用がかかってしまうため、新たにシステムを設置する個人や企業に対して補助金制度を設けています。
この制度の利用により、設置費用の負担が減るために、より多くの家庭や企業で太陽光発電システムの普及が促進されています。