自宅に導入する前に

Author: admin  //  Category: 太陽光失敗しないために

太陽光発電は現在100万人以上の方が既に導入されたと言われており、
一戸建ての家をお持ちの方を中心に、現在急速にその設置が進んでおります。
しかしながら、太陽光発電を導入する件数が多くなりますと、
いくつかトラブルになっておられる方もいるのが現状です。
太陽光発電は長期的に見ると経済的にも利益をうむのですが、
諸費用を考えると非常に高価な装置であることには変わりありません。
失敗しないように太陽光発電を導入するためにも、
納得のいく形ですすめていかなければいけません。
現状、太陽光発電の設置には行政から補助金が出ることになっています。
最大で、国と県と市の3つから補助を受けることができる地域もあります。
これらはその地域が積極的に太陽光発電を進めている結果でもあります。
補助金に関しては今後も続くとは予想されますが、
おそらく太陽子発電の設置件数がかなりの数に達した時点で補助額が減額されるのではないかと考えられます。
一方で、一時のテレビと同じで、
太陽光発電もあと10年くらい経てばコストが半分位になると言われています。
それらを考えると、10年程度で元が取れるシステムを計算し導入すると
少なくとも10年間分は電気代がタダになりますし、
それ以降は利益となるか、より安価な次世代の太陽光発電の導入も検討することができます。
少なくとも現段階では、研究レベルで今の主流であるシリコンを上回る
性能の太陽光発電は発明されていません。
しかし、より安価で高効率の太陽電池の研究開発は世界中で行われていますので、今後に期待するところでもあります。
また施工におけるトラブルを避けることも大切です。
最近では訪問で太陽光発電の設置を勧めてくる業者があるそうですが、
そういったところでの施工は要注意です。
大手の業者がい良いとは限りませんが、
きちんとした業者選定が大切です。
現在ではインターネット等で業者の評判も調べることができますので、
必ず下調べのうちよく話し合って設置してください。
また、見積もりは総額と明細がきちんと記載されたものを
提出してくれる業者を選ぶのが良いです。