日当たりが良いなら太陽光発電を

Author: admin  //  Category: 太陽光良かったこと

新居に引っ越しをしてから4ヶ月ほどたったころ、太陽光発電をつけないかという話を持ちかけられました。
ですがソーラーパネル本体と設置代でかなりの金額がかかってくるということで、引っ越しをしたばかりで手持ちも少なかったために初めは乗り気ではありませんでした。
それから何度かの業者の方との話し合いの末、最終的には太陽光発電を設置を決めたのです。
初めは乗り気ではなかったのに、なぜ設置する気になったのかと言いますと、業者側の説明で実質的に費用負担がかからないとい
うことがわかったからでした。
私共の家は南向きで日当たりもよく、日々の発電の電気で日々の使用電気料を賄える。
そして発電したものが日々の電気料を上回った場合に、その余った電気をパネルと設置代に回すことが出来るから、ということで実質的に費用がかからないらしいのです。
初期に費用がかからないのは、消費者側としては嬉しいことですよね。
それだけでなく、更に余った電気は売ることが出来るそうなのです。
売ると言って一月の金額は微々たるものなのですが、年間で考えると結構な額になるのです。
この余った電気を売ることが出来るというのが、太陽光発電の一番良い部分だと私は思っています。
あと細かいことですが、太陽光発電を設置するとリアルタイムで使用している電気料を見ることが出来る機械も付いてきますので、それを見て節電の意識が芽生えることも利点だと思います。
日当たりが良い住宅ならば、太陽光発電の設置を検討してみてはいかがでしょうか。